歯周病予防

歯周病予防

歯周病に関する基礎知識

日本人の8割が罹っているといわれている歯周病。
「そんなに大勢の人が持っている病気ならば心配いらない」と思われるかもしれません。
ところが最近の研究では歯周病が進むと歯が抜けていくことに加えて、
肥満、心疾患、膵臓がん、肺炎、早産、アルツハイマー、口臭などのリスクが著しく高まることが報告されています。
歯周菌が神経を麻痺させる毒を出すため、知らないうちに病気は進行します。特に30歳を超えて、
免疫力が低下してくると歯周病が発症しやすくなります。

歯周病の一番の原因は、歯垢(プラーク)と歯垢が固まった歯石です。歯垢は、電動歯ブラシを含め、
どんなに丁寧にハミガキをしても、60%くらいしか除去できませんので、
歯科医院で定期的に除去していく必要性があります。

Q & A よくある質問

みなさまから多くいただくご質問と回答を掲載しています。

  • 私には「ホワイトエッセンスクリーニング」と「オーラルスパ」のどちらが向いていますか?
    歯の汚れや歯石取りをメインにして、清潔な口元と歯周病予防を目指されたい場合は歯周病の原因となるバイオフィルムの除去を徹底的に行う「ホワイトエッセンスクリーニング」がおすすめです。 一方でそれほど汚れや歯石はついていないものの癒されながら気持ちよく歯周病予防されたいという方は免疫力を高める唾液腺マッサージや歯ぐきを引き締めるアロマ歯ぐきマッサージがついている「オーラルスパ」をおすすめします。
  • どのくらいの頻度でクリーニングに通うと歯周病予防ができますか?
    クリーニングで除去したバイオフィルムは3ヶ月間で再形成されますので、3ヶ月ごと(季節ごと)にクリーニングを受けることをお勧めします。なお歯ぐきが腫れていたり、出血がある方は歯周病にかかっていますので、改善するまで毎月クリーニングに通うことをおすすめします。
  • 歯周病がかなり進行している場合でも歯のクリーニングは有効ですか?
    歯周病がかなり進行していて、歯がグラグラしたり、歯ぐきが大きく下がっているような状態であれば、歯のクリーニングではなく、歯周病治療が必要です。具体的には歯ぐきの中にある歯石を除去したり、歯周組織の外科処置をしていくことになります。 
  • ホワイトエッセンスのクリーニングは一般の歯科医院で行うものとどこが違うのですか?
  • 「歯周病DNA検査」はその場で結果が分かるのですか?
    検査結果が出るまでに約3週間お時間を頂戴しております。
  • 「歯周病DNA」検査で問題が見つかった場合にどういった処置方法があるのですか?
    歯周病予防トリートメントが効果的ですが、その方の歯ぐきの状態、発見された歯周病菌の種類、生活習慣によって最適なプログラムをお作りします。

よくある質問を詳しく見る

ご予約・お問い合わせ ご予約・お問い合わせ